松浦の授業のページ

2008年度秋学期

電気と磁気 金2

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱とエネルギー 火2

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

感性デザイン学科

基礎の物理と実験

 「基礎の物理と実験」は波,電磁気,エネルギーに関する実験と基礎的学習を行います。

 

2008年度春学期

物理学 月木2時限

基礎物理学 金2


力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.

振動と波動 火2

単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。波については音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を試みます。三角関数と、少し微積分を使います。三角関数の微積分を復習してください。

感性デザイン学科

「かたちの科学」 火3

ものごとが「かたち」を持つときには、その前提としてものごとが存在する空間と、ものごとを構成する要素の間の関係性の存在があります。この授業ではピーター・モービルの『アンビエント・ファインダビリティ』を読みながら、私たちが、私たちを取り囲む環境の肌理のなかから、どのようにして情報を得たり気づきをもったりするのかを考えます。

 

2007年度秋学期

電気と磁気 金2

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱とエネルギー 火2

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

振動と波動 水2

波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

感性デザイン学科

基礎の物理と実験

 「基礎の物理と実験」は基礎系のほかの物理系科目と同じく,力学の基礎を学びます。これで,基礎系で開講している熱、波、電磁気、原子などの物理科目にも接続します。

 

2007年度春学期

物理学

月木2時限
火金2時限


力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.

振動と波動 火4

単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。波については音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を試みます。三角関数と、少し微積分を使います。三角関数の微積分を復習してください。

感性デザイン学科

「基礎の物理と実験」

「かたちの科学」

人工物を扱い、表現する上で、初歩的な物理学の知識は誰でも身につけておきたいものです。

「基礎の物理と実験」では、「物理学」と同様に初歩的な力学を学びます。力学を理解することが将来他の分野を勉強するベースになります。

「かたちの科学」では、我々がどのように形をつかむか、どのように形をえらぶか、といったことを根底のテーマとして、いろいろな形をみていきます。

 

2006年度秋学期

電気と磁気 金3

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱とエネルギー 火2

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

振動と波動 水2

振動と波動 金2

音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

感性デザイン学科

「基礎の物理と実験」

 「基礎の物理と実験」は基礎系のほかの物理系科目と同じく,力学の基礎を学びます。これで,基礎系で開講している熱、波、電磁気、原子などの物理科目にも接続します。

 

2006年度春学期

物理学 (超初級)

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.(火金2時限)

感性デザイン学科

「基礎の物理と実験」

「かたちの科学」

 アートとサイエンスとは初歩的な数学を通じて橋渡しすることができます.デザインをベースに活動するときには,必然的に非常に広い領域に対応していくことが求められます.アートとサイエンスの接点を学ぶことで,自らの専門領域,得意な技術と,広く多様な領域とを結合することができ,自らの仕事の世界を広げていくことができるでしょう.

 

「かたちの科学」は今回,形の見えかたの法則を軸にするつもりですが,講師が興味を持つトピックをランダムに取り上げることになるでしょう。

 

2005年度秋学期

基礎物理学 力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.

電気と磁気

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱とエネルギー

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

振動と波動
音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

基礎の数学

 アートとサイエンスとは初歩的な数学を通じて橋渡しすることができます.デザインをベースに活動するときには,必然的に非常に広い領域に対応していくことが求められます.アートとサイエンスの接点を学ぶことで,自らの専門領域,得意な技術と,広く多様な領域とを結合することができ,自らの仕事の世界を広げていくことができるでしょう.

 

2005年度春学期

物理学 (超初級)

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.(火金2時限 物理学実験室)

感性デザイン学科

「基礎の数学」

「基礎の物理と実験」

「かたちの科学」

 アートとサイエンスとは初歩的な数学を通じて橋渡しすることができます.デザインをベースに活動するときには,必然的に非常に広い領域に対応していくことが求められます.アートとサイエンスの接点を学ぶことで,自らの専門領域,得意な技術と,広く多様な領域とを結合することができ,自らの仕事の世界を広げていくことができるでしょう.

 

2004年度秋学期

電気と磁気a (月4)

電気と磁気b (金3)

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

 

2004年度春学期

物理学a (超初級)

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.(月木2時限 月曜eL教室利用&木曜物理学実験室)

物理学c (超初級)

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.(火金4時限  火曜eL教室利用&金曜物理学実験室)

感性デザイン学科

「基礎の数学」「基礎の物理と実験」

 アートとサイエンスとは初歩的な数学を通じて橋渡しすることができます.デザインをベースに活動するときには,必然的に非常に広い領域に対応していくことが求められます.アートとサイエンスの接点を学ぶことで,自らの専門領域,得意な技術と,広く多様な領域とを結合することができ,自らの仕事の世界を広げていくことができるでしょう.
(水1,3,4時限  1限eL教室利用&3,4限物理学実験室)

 

2003年度秋学期

電気と磁気a

電気と磁気c

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

 

2003年度春学期

物理学a (超初級)

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.(月木2時限 木曜eL教室利用)

物理学c (超初級)

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.(火金2時限)

物理学と実験 
(超初級)

力学の範囲で、初歩的な演習を中心に自然科学・工学を円滑に学ぶための基礎力を養成します。物理を未履修であること、数値計算などが苦手な人を対象にしています。物理の初歩的な実験を行い、機具の扱い、データの取り方まとめ方、実験レポート作成を学びます。毎回の出席と演習を重視します。(火金3時限水1,3時限 金曜eL教室利用)

 

2002年度秋学期

電気と磁気a

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

電気と磁気d

電磁気現象を物理的な見方で理解できることを目指します。学習範囲は小さくしますので、初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を深めるよう心がけて下さい。

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

 

2002年度春学期

物理学a (初級)

力学・熱力学・電磁気学にわたり、初歩的な概念を学びます。慣性と力、エネルギーの概念を吸収してください。初めて物理に触れる人にも興味を感じてもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。(週2時限)

物理学c (初級)

力学・熱力学・電磁気学にわたり、初歩的な概念を学びます。慣性と力、エネルギーの概念を吸収してください。初めて物理に触れる人にも興味を感じてもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。(週2時限)

物理学と実験 (初級)

力学の範囲で、初歩的な演習を中心に自然科学・工学を円滑に学ぶための基礎力を養成します。物理を未履修であること、数値計算などが苦手な人を対象にしています。物理の初歩的な実験を行い、機具の扱い、データの取り方まとめ方、実験レポート作成を学びます。毎回の出席と演習を重視します。(週4時限)

 

2001年度秋学期

電気と磁気a

春学期物理学よりもやや詳しく学習します。現象を物理的な見方で理解できることを目指します。原子の構造などについて自習が必要な部分もあります。初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を前進させることを心がけて下さい。

電気と磁気d

春学期物理学よりもやや詳しく学習します。現象を物理的な見方で理解できることを目指します。原子の構造などについて自習が必要な部分もあります。初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を前進させることを心がけて下さい。

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

 

2001年度春学期

物理学a (初級)

力学・熱力学・電磁気学にわたり、初歩的な概念を学びます。慣性と力、エネルギーの概念を吸収してください。初めて物理に触れる人にも興味を感じてもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。(週2時限)

物理学b (初級)

力学・熱力学・電磁気学にわたり、初歩的な概念を学びます。慣性と力、エネルギーの概念を吸収してください。初めて物理に触れる人にも興味を感じてもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。(週2時限)

物理学c (初級)

力学・熱力学・電磁気学にわたり、初歩的な概念を学びます。慣性と力、エネルギーの概念を吸収してください。初めて物理に触れる人にも興味を感じてもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。(週2時限)

物理と微積分を履修していることを前提としたややヘビーな授業です。演習で力学の力をつけながら、前期量子力学を学びます。さらに、物理学実験を行いレポート作成を行います。(週4時限)

 

2000年度秋学期

電気と磁気a

春学期物理学よりもやや詳しく学習します。現象を物理的な見方で理解できることを目指します。原子の構造などについて自習が必要な部分もあります。初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を前進させることを心がけて下さい。

電気と磁気d

春学期物理学よりもやや詳しく学習します。現象を物理的な見方で理解できることを目指します。原子の構造などについて自習が必要な部分もあります。初めての人は初歩的な段階を、ある程度学習の進んでいる人はより深い内容を、各自の理解度に応じて自分自身の理解を前進させることを心がけて下さい。

熱エネルギー、熱伝達、エントロピーに関して初歩的な学習をします。入門的ですが奥は深い。各自の理解度に応じて、さらに深くまで理解するとこを目指して下さい。身の回りに起きる現象から地球スケールの現象まで、その基本的メカニズムを読み解くセンスを養うことを目指します。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

入門的内容ですが、力と運動と初歩的な微分の学習は少なくとも並行して行ってください。音波・弾性波・電磁波についてやや広く学び、回折・干渉・共鳴など波動の特徴的現象について初歩的な理解を進めます。また、並行して単調和振動の表現やエネルギーに関して学びます。

 

2000年度春学期の記録

新Physics Check It Up!!
気持ち工事中

出席報告の送信学習進行状況のチェックなどができます。そして松浦先生の講義を受けている皆さんが授業毎に送信している、「出席報告」の集計結果を見ることができます。(製作者:KAZ)

あなたの演習問題の学習履歴

ここから、復習問題の演習履歴を個人別に一覧することができます。演習は繰り返し行って自分のものにしてください。授業を取らなくとも復習のため同じ問題を解いてみることはとても有意義です。

初めて物理に触れる人にも興味を持ってもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。入門的。

初めて物理に触れる人にも興味を持ってもらえるように、数式を余り用いず、自然現象を物理の見方を通して理解することを目指します。入門的。

物理の既習者で、物理を学ぶ意欲の強い人のために、基礎力を集中的に固める授業を目指します。基礎的なレベルで計算力と理解力を練成します。

フォーラム Everyday Interactive

掲示板です。松浦の授業やこのEveryday Physics on Webに関して、その他どんなことでも、気軽に投稿してください。

旧掲示板「もの申すコーナー」

旧版の掲示板。現在は読み取り専用で書き込めません。参考までに。(書き込みは上のフォーラムへ)

2000年度春学期 授業評価 記述編

2000年度春学期の授業「物理学」「物理学概論」に対する、受講者による授業評価です。ここには5つの設問に対する自由記述による評価を公開しています。
2000年度春学期 授業評価 数値評価偏 2000年度春学期の授業評価です。ここには5つの設問に対する数値評価を公開しています。