ドライアイスの観察

 


常温の室内に、机の上に置いたドライアイスのブロックを観察してみよう!

dryice1.gif (112870 バイト)

二酸化炭素は、1気圧のもとで−78.5℃で気化(昇華)する。この時、132.4(cal/g)の気化熱を環境から吸収する。

ちなみに水は100℃で気化するとき539.8(cal/g)の気化熱を吸収する。

うーん。よく見れば自然の様々な秘密があるようだ。でも、一つ謎が説明できればほかのこともうまく説明できるかもしれない。

’97「熱とエネルギー」期末テストへ


熱とエネルギーの授業の入り口へ戻る