基礎の物理と実験  2008  (授業予定は進行状況によって随時修正します)  http://nkiso.u-tokai.ac.jp/phys/matsuura/

質問掲示板→http://nkiso.u-tokai.ac.jp/comshum/
e-Learning サイト→http://nkiso.u-tokai.ac.jp/EPEL/PhysElearning.html
E-mail→shum@wing.ncc.u-tokai.ac.jp

コンセプト

運動の解析,力学的エネルギー保存,振動波動,光の性質,電流と磁場などの初歩的事項について,実際に実験して触れることが目標です.

学習の目標

実際の実験を通じて,自然現象の性格をイメージできるようになってください.

教科書

基礎物理学 原康夫著 学術図書出版

学内専用資料

←沼津校舎のLAN内限定の学習資料です.物理学の入門に役立ちます.
 
Date 内容 Date 内容
08/10/2 ガイダンス,基礎数理 08/11/27 定常波と共鳴
08/10/9 運動の表現 08/12/4 光波 
08/10/16 e-Learning 08/12/11 光波
08/10/23

バネにつけた重りの運動の解析

08/12/18 電流と磁場
08/11/6 力学的エネルギー保存 09/1/8 電磁誘導
08/11/13 休講 09/1/15 電磁誘導
08/11/20 定常波と共鳴 定期試験期間 定期試験
 
授業システム

教室:授業は2-301物理学実験室です.毎回,簡単な解説を行い,受講者に実験をしていただきます.

e-Learning上のスケジュール表でe-Learningの表記のある日は教室での講義はありません。その日の都合の良い時間に学内または自宅そのほかの場所で,各自e-Learningで学習していただきます。初歩の物理のサイト(http://nkiso.u-tokai.ac.jp/phys/matsuura/)のe-Learningで自習を進めて下さい。質問も随時受け付けています.受講者には自分自身のID(半角英数)とパスワードを決めてWebサイトで登録していただきます。

時間外学習のe-Learning: この授業は,授業時間外の自習に,常時e-Learningを活用していただくことを前提としています。e-Learningを行っていれば自然に試験準備にもなります。e-Learningには分散型反復学習のアドバイス機構があります。これを活用してドリルを反復学習すると効率的に知識が定着します。

成績評価
  1. 毎回,実験結果を提出していただきます.これが成績評価の中心です.
  2. 定期試験を行います.内容は授業で行った実験の復習です.なお、定期試験を欠席した人は「成績評価不能」となります。
<% Response.Write "
" Response.Write "
■コメントをお待ちしています
質問、要望、感想などを書いて送ってください
" Response.Write "" Response.Write "" Response.Write "" Response.Write "" Response.Write "" Response.Write "
お名前(本名ではなくニックネームでどうぞ):
下にコメントを記入してください↓
下の送信ボタンをクリックしてください

" 'コメントを読み込む dim commentcount, workcommentcount dim commentator(20) dim commentrefer(20) dim commenttext(20) dim commentdate(20) dim comments comments = 20 commentcount = 0 Set db = Server.CreateObject("ADODB.Connection") db.Open "Physics", "netuser", "physics" Set rec = db.Execute("SELECT * FROM 物理学コメント ORDER BY 送信日時 DESC") Do While not rec.EOF commentcount = commentcount + 1 commentator(commentcount) = trim(rec.Fields("発言者")) commentrefer(commentcount) = trim(rec.Fields("引用")) commenttext(commentcount) = trim(rec.Fields("コメント")) commentdate(commentcount) = trim(rec.Fields("送信日時")) if commentcount = comments then exit do rec.Movenext Loop rec.Close db.Close 'コメントの表示 Response.Write "

" for i = 1 to commentcount Response.Write "" Response.Write "" next Response.Write "
" & commentrefer(i) & "" & commenttext(i) & "
by " & commentator(i) & " " & commentdate(i) & "
" Response.Write workcommentcount & "
" %>