物理学a  2003春  (授業予定は進行状況によって随時修正します) 
質問掲示板→http://nkiso.u-tokai.ac.jp/comshum/
学習サイト→http://nkiso.u-tokai.ac.jp/phys/matsuura/
E-mail→shum@wing.ncc.u-tokai.ac.jp

コンセプト

力学の基本的な概念と科学技術を学ぶ上でぜひ押さえておきたい最も初歩の数理的技術を学びます。慣性と力、エネルギーの概念はすべての科学技術で共通的の基礎概念であり,かつ物理学で最も精密かつシンプルに定義されます。これらの概念をあいまいな感覚的な認識から明瞭なものにできるようにしてください.演習を通じて初等的な数理的運用の練習を行います.やさしくてつまらない人もいるかもしれませんが,初歩を丁寧にやります.力を確実なものにしてください.

学習の目標

全般:有効数字や代数式の取り扱い、単位、科学表記の確実な数値計算などの本当に必要な基礎力を養います。第1段階:変位・速度・加速度を身につけます.第2段階:力と運動を理解します.第3段階:仕事とエネルギーの初歩的な計算ができるようにします.

教科書

基礎からの物理学 原康夫著 学術図書出版
 
Date 内容 Date 内容
03/4/14 ガイダンス 03/6/2 等速円運動
03/4/17 基礎数理 03/6/5 フックの法則と単振動
03/4/21 基礎数理 03/6/9 弾力による位置エネルギー
03/4/24 原子と力 03/6/12 摩擦力
03/4/28 変位と速度 03/6/16 力と仕事
03/5/1 加速度 03/6/19 仕事と運動エネルギー
03/5/8 等加速度運動と重力加速度 03/6/23 力と仕事
03/5/12 速度ベクトル、加速度ベクトル 03/6/26 力と仕事
03/5/15 ニュートンの運動の法則(慣性 03/6/30 仕事とエネルギー仕事と位置エネルギー
03/5/19 ニュートンの運動の法則(力と加速度作用反作用 03/7/3 中間試験(運動の法則と摩擦、仕事)
03/5/22 運動方程式 03/7/7 エネルギー保存の法則
03/5/26 中間試験(変位・速度・加速度) 03/7/10 運動量と力積
03/5/29 運動方程式 03/7/14 運動量保存の法則と衝突
  03/7/28 1時限 1-503 定期試験(エネルギー、及び運動量と力積)
 
授業システム

実験室での授業と、eL教室でのWeb学習支援システムでの学習を併用します。水曜日は現代文明論をはさんでの実験や実習の時間です。また、授業時間外にはWeb学習サイトで自習を進めて下さい。

Web
学習

授業後、できるだけ早いうちに、ここで復習問題を解答してください。記憶が新しいうち(8時間以内くらい)にやるほど、授業の効果・学習効果が高まると思います。問題は選択肢方式、計算問題、記述があります。(全ての方式の問題が毎回分そろえられているわけではありません)学習支援システムでは、あなたの学習状況を他の受講者の状況と合わせてモニターします。そして、あなたの演習の正答率をもとに、効率的な理解の向上のための復習事項などをアドバイスします。これらを活用して力をつけてください。
成績評価
  1. Webシステムの学習状況は成績評価全体の20%に反映されます。これらを利用して送信することが、この授業を受講する上での前提条件です。
  2. 毎回小テストを行います。5月からの毎回の小テストの平均点と合計得点は成績評価全体の40%分とします。毎回の小テストには「追試」はありません。必ず授業に出席してください。
  3. 中間試験と定期試験を行います。中間・定期試験の得点の合計を成績評価全体の40%分とします(定期試験が20%分)なお、定期試験を欠席した人は、他の得点の合計が合格圏に達していたとしても「成績評価不能」となります。中間試験は追試を行いません。