互いに反発しあう粒子の運動(正方領域版)


反発しあう粒子が運動領域の境界領域に密度高く分布するアプレットの正方領域版です。
粒子数を多くして実行すると、領域内部に閉じ込められた粒子も、比較的にきれいな格子状に分布することが見られます。
これは、境界が正方形であることが、内部の粒子分布にまで影響していることを示していると思います。