物理学実験 水曜3,4時限−授業案内

実験関係の参考資料サイト http://nkiso.u-tokai.ac.jp/phys/exp/

10/1 ガイダンス
予備学習:科学表記、単位、有効数字、両対数グラフ、他
11/26 第4回実験
第3回レポート締め切り
10/8 第1回実験 12/3 第4回実験+レポート作成
10/15* レポートの書き方,図表の書き方 12/10 第5回実験
第4回レポート締め切り
10/22 第1回実験+レポート作成 12/17

第5回実験+レポート作成

10/29 第2回実験
第1回レポート締め切り
1/7 第6回実験
第5回レポート締め切り
11/5 第2回実験+レポート作成 1/14 第6回実験+レポート作成
11/12
第3回実験
第2回レポート締め切り
(補習) 第6回レポート提出締切(PM16:30までに実験室のレポート提出箱に提出)補習実験
11/19
第3回実験+レポート作成
 

準備するもの

  • 教科書
  • 実験ノート
  • 関数電卓
  • 筆記用具(ペン)

単位取得

  • 全6回の実験、及び6通の実験レポート提出
  • 評価はすべてレポート提出(レポート評価参照)

実験テーマ(ローテーションして実験を行います)

  • 振動と波動: 「弦の固有振動」,「音波の共鳴」
  • 電磁気: 「電流と磁場」,「磁場中の荷電粒子の運動」
  • 交流回路: 「時定数」,「インピーダンス」

実験室での遅刻欠席早退

  • 13:20に必ず物理学実験室に入室すること。
  • 13:20〜13:40 の間は、遅刻として入室可とする。
  • 実験中、勝手に早退しないこと。必ず教師に報告して帰ること。

レポート提出

  • レポートは実験を行った翌週の水曜日 13:20 までに物理学実験室のレポート箱に提出する。
  • 13:20 以後は提出遅れとする。提出遅れの場合は減点がある。
  • レポートの最終締め切りは補習日16:30まで。それ以降は一切受け付けない。補習実験のある班は担当教員の指示に従ってレポートを提出する.

レポート評価

  • 未提出レポートがある場合は/評価となる.
  • レポート評価は、実験テーマ担当の教員が各々の基準で、10点満点で評価する。
  • 6テーマで36点以上取れた場合に単位が取得できる。
  • レポートの再提出が必要な場合は各担当教員が指示する

実験授業時間の流れ

  1. 13:20までに実験室に入り、レポート提出・提出報告を済ます。

  2. 班に分かれて実験開始。実験装置を組み立て、マニュアルと教科書を参照して実験する。

  3. データ処理、作図を全て済まし、実験ノートにレポートの材料をすべて書き込む。

  4. ノートに実験の結論を書く。

  5. 班全員そろって担当教員に実験ノートを提示する。担当教員がOKと判断したらノートに検印を押す。

  6. すべての実験装置を元に戻す。

  7. ごみは燃えるものと燃えないものに分けて、実験室のごみ箱に捨てる。