No:3763<等価原理>  スタート地点に立ち返って
By:n重力と慣性力とは数式が異なります。数式は二力が不干渉であることを示しています。

空間の枠内で重力は多くの方向から到来しています。慣性力の方向と原理的に異なります。

慣性力の式は F = ma です。自由落下では働いている力は重力だけです(ある無限小の点で)。よって式は ma = mg とも書けます。二力が消えるのは見かけです。
Date:2017/03/05 15:00:10
No:3765Re:<等価原理>  スタート地点に立ち返って
By:n<自由落下> 重力の速度は光速とされています。物体の運動の如何にかかわらず光速なのでしょうか。エレベーター内部の変化(自由落下開始の前後の)はどう説明されるでしょう。
Date:2017/03/14 15:48:38
No:3768Re:<等価原理>  スタート地点に立ち返って
By:n<等価原理> 重力源の反対方向からふたつの物体が自由落下しています。ふたつの物体は慣性系とは言えません。等価原理は成り立っていません。
Date:2017/03/24 13:42:22
No:3776Re:<等価原理>  スタート地点に立ち返って
By:n<加速運動の相対性> 加速度は加速度計で表示されます。すなわち加速運動は相対的ではあり得ないでしょう(回転運動ではさらに明白)。
Date:2017/04/24 11:47:50

返信記事の投稿
名前:
題名:
本文: